So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

松阪駅「黒毛和牛 モー太郎弁当」 [駅弁]


20150605-01_moh-tarou.JPG
以前に松阪駅に行ったときに購入した駅弁です。
パッケージから牛の耳と角が出ています(笑)。

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

松阪駅「元祖特選牛肉弁当」 [駅弁]


20150425-01_gyuniku-bento.JPG
松阪駅の有名な駅弁、元祖特選牛肉弁当です。

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

亀山駅「志ぐれ茶漬」 [駅弁]


20150418-01_shigure-tyaduke.JPG
一般的には、カメヤマローソク、
シャープの液晶テレビ「亀山モデル」で有名な亀山駅の駅弁です。
いろいろなサイトでは850円で記載されておりますが、2015.4月現在は900円(税込)となっておりました。

お茶の容器にノスタルジーを感じた方はハイ!手を挙げて!! (^o^;)/
お茶は別売りで100円です。

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

広島駅「しゃもじかきめし」 [駅弁]


20150411-01_shamoji-kakimeshi.JPG
2015.2.15購入です。

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

岡山駅「ままかり寿し」 [駅弁]


20150404-01_mamakari-zushi.jpg
岡山駅で購入したままかり寿し。
三好野のままかり寿司が無かったのでこれを新幹線ホームの売店で購入。
吾妻寿司というお店(?)が販売している駅弁です。

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

新神戸駅「肉めし」 [駅弁]


20150307-01_niku-meshi.JPG
先月、長崎に行った帰りに新神戸駅で途中下車して購入した駅弁でございます。
1,030円也。

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

天竜二俣駅2014 [駅弁]


20141025-01_tenryu-futamata.JPG
天竜二俣駅構内。
左後方の建物は扇形庫。

またまたまた、やってまいりました、天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅。
訪問した目的は、駅弁「舞茸弁当」をもう一度食べたくなったのと、もう1種類あった駅弁「さくらどんこ」弁当をゲットするためです。
今回は時間の都合でクルマで訪問。

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

濱松うふぎ飯 [駅弁]


20140510-01_unameshi.JPG
浜松駅の駅弁、濱松うなぎ飯。

浜松に行った際、誘惑につられてまた買ってしまった。
このブログでうなぎ飯が登場するのは通算何回目なのだろう?(笑)

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

備忘録-駅弁編part16 [駅弁]


スーパーに行ったら小規模な駅弁大会をやっていたので、2~3個購入しました。

本来は駅で購入したいところですが、遠い場所の駅弁だったら早々買えないのでついつい目が行ってしまいます。
お弁当に目が行っちゃうなんて、日本人だけなのかなあ??^^;
遅い時間に行ったので余りものしかありませんでしたが、なあに、余り物には福があるサ(笑)。

20140125-01_otaru-kakimeshi.JPG
北海道:小樽駅の「あつあつかきめし」。

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

まだまだ冷え込む季節+α [駅弁]


20130206-az.jpg
アズ氏にも一張羅を着せて寒さしのぎ。
(ホントは子犬用)
・・・アッ君、外で暮らすニャンコ達はもっと大変なんだゾ~。

現在インフルエンザが猛威をふるってます。
ってことで、ご当地モノの恵みをいただいて乗り越えることにしました。

20130206-Vitamin_A&C.jpg
そもそもこの食べ合わせが良いのかどうかは”?”です。
それに、これを一回食べたところで効果が何日も持続するとは限りませんよね(笑)。

さてさて、以前にもこのうなぎ飯をさらっと紹介しましたが、もう一度掘り下げてご紹介しましょう。・・・って、朝からうなぎ飯の話はゲップが出ちゃいますよネ?

20130206-unameshi01.jpg
包装状態。
箱は小さいけれど、ご飯がいっぱい詰まっていて重いです。

20130206-unameshi02.jpg
掛け紙全貌。レトロなデザインです。
「空き箱はデッキの屑かごに・・・」という、駅弁ならではの旅情を掻き立てる言葉が昔はよく書かれていたんだけど、最近見かけなくなったなあ・・・

20130206-unameshi03.jpg
中身全貌。
前回の浜松のうなぎ飯と似て、シンプルです。
箱は側面が木。底は紙かな?
発泡素材を使わないところに作り手のコダワリを感じます。

20130206-unameshi04.jpg
山椒を掛けて拡大。
こちらはタレは最初からかかった状態です。
タレをアンに絡ませてあるようで、これはニオイが漂わない工夫なのかもしれません。
うなぎは愛知県一色産かどうかは分かりませんが、身も皮も柔らかくて美味しかったです。木箱のニオイもグッド。
ただ、個人的にはもう少しご飯が固いほうがいいかな。

こちらも値段が上がったけど、値段は1200円。
前回食べた浜松の赤ワイン仕込みのうなぎ飯が2100円だったので、安く感じてしまいます。

赤ワイン仕込みのうなぎ飯・・・木箱が使われなくなったのが実に惜しい。
これはただ単に「うなぎ飯」を食べるのでなく、「うなぎ飯の駅弁」を食べるというコダワリからなのですが。。。(ズビバセンねぇ~、マニアックで。^^)


共通テーマ:日記・雑感